私の友人が亡くなった時の葬儀

私は、現在30歳の男性です。私は、今から3年前に同期生の友人を交通事故で亡くしました。その友人とは、小学生の時からの付き合いだったので、私はショックを隠しきれませんでした。

葬儀は友人の両親の希望で、市内の公営の霊園で行われ通夜は省かれていました。公営の霊園ということもあり費用は民営の霊園の半分くらいで済んだようでしたが、館内の設備は古く、職員の対応も素っ気ないものでした。

友人の両親は酷く落ち込んでいて、特に母親の取り乱し方は尋常ではなく、葬儀当日は朝からずっと泣いていました。参列者も、友人の両親の気持ちを考えるとかける言葉が見つかりませんでした。

しかし、葬儀が始まり友人の菩提寺のお坊さんにお経を読んでもらうと、友人の両親は次第に落ち着きを取り戻していました。そして私も、お経の後の法話でお坊さんが話された、「故人への感謝する気持ちを忘れず、ご遺族も故人の分まで一生懸命生きることが故人への何よりの供養です。」という言葉が心に響きました。

私は、この時の友人の葬儀を通し、亡くなった方を懇ろに供養する事の大切さや、生きている時を有意義に生きる事の重要性を学びました。

PR|内職 アルバイト|お家の見直ししま専科|SEOアクセスアップ相互リンク集|お小遣いNET|家計見直しクラブ|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|貯蓄|四季の童話集|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|カラスの童話|マッサージのリアル口コミ.com|